股関節脱臼(先天性)

8 2月

0170098_338


生後3、4ヶ月検診で股関節脱臼と診断された女の子。


リーメントをつけて治療をしたが、経過が思わしくなく病院を転々としていました。


臼蓋形成不全で4歳になってもジャンプはもちろん走ることも出来ず片足をひきずる状態で来院しました。


そして当院の股関節専門の治療とEMS治療・微弱電流治療の併用で


わずか数ヶ月で女の子はジャンプや駆け足まで出来るようになりました。


そして最近では運動会にも参加出来たし、マラソン大会にも参加出来ました。


院内の壁には運動会に元気に参加している写真が貼ってあります。


今回、このお母さんは


『娘のように困っている子を救えるなら喜んで書きます[E:scissors]』って執筆をしてくれました。


小さい子は、自分の痛みを伝える事が出来ません。


お父さん、お母さんがシッカリとその子にあった治療院を探してあげて下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。