腱板断裂

27 2月

腱板と肩峰下滑液包は、


肩峰と鳥口肩峰靭帯がつくる鳥口肩峰アーチと、


その下にある上腕骨大結節との間にはさまれている。


腱板はこのような構造的特殊による退行性変化をおこしやすく、


その進行より、わずかな体力でも損傷をうけることになる。


腱板損傷は軽度であれば腱板炎を呈するが、ときに断裂することもある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。