使いすぎ症候群

9 3月

スポーツにおける過度のトレーニングなど、


使いすぎ(オーバーユース)によっておこるスポーツ障害を、


とくに使いすぎ症候群ということがある。


使いすぎ症候群で特徴的にみられる病態としては、


疲労骨折、関節炎、軟骨障害、靭帯炎、筋の短縮、硬結、腱鞘炎・腱炎などがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。