内反足の原因

16 3月

内反足の多くは、


生下時にみられる先天性内反足であるが、


後天的にけい性麻痺、弛緩性麻痺、関節拘縮の際にもあらわれる。


とくに、たとえば中枢性片麻痺(能卒中後の片麻痺)の後遺症として、


しばしばみられるウェルニッケ・マン型拘縮では、内反尖足を呈する。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。