意識障害の原因

16 3月

意識は能幹・間能・大脳半球などの機能によってたもたれている。


このため意識障害は多くの場合、これらの部位の障害によっておこる。


意識障害をきたすことのあるおもな疾患は以下なとおりである。


①能障害
・能血管障害(能出血、能梗塞、くも膜下など)
・能外傷(能挫傷、硬膜外血腫、硬膜下血腫など)
・能腫瘍
・能炎、髄膜炎
・てんかん


②代謝性疾患
・心拍出量低下をきたす疾患(心不全、心筋梗塞、心房細動、心室細動、不整脈など)
・全身の血圧低下をきたす疾患(ショック、起立性低血圧など)
・電解質または酸塩基平衛障害をきたす疾患


③内分泌障害
・低血糖
・糖尿病
・下垂体機能不全
・アジソン病
・クッシング症候群
・甲不全(肝性脳症)
・腎不全(尿毒症)


④その他
・麻酔薬、向精神薬などの薬剤
・過換気症候群
・アルコール
・大量出血
・低体温
・高体温(熱中症、熱射病など)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。