動悸・息切れ・呼吸困難

15 5月

小児は成人と比較してハイリスク疾患を有していても、自覚症状を欠くことが多く。一方自覚症状を強く訴えても器質的疾患がみられないことも多い。したがって、日常生活上の活動状況と臨床所見との関連性をよく検討して判断することが大切である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。