咳・喀痰

15 5月

咳・喀痰は呼吸器系になんらかの異常があるときに認める最もありふれた症状であるが、咳の場合には、心膜炎とか、外耳炎とか、あるいは心因など呼吸器疾患以外に原因を求めうることもある。一般には咳のみで痰を伴わない場合を乾性咳、伴う場合を湿性咳といっつ原因の鑑別の助けとしている。しかし同じ原因でまその病期、程度により乾性でも湿性でまありうることがあるので、この区別は絶対的なものではない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。