歩行障害

15 5月

歩行障害はあらゆる組織、器官の病変で起こりうるが、特に歩行を制御する中枢神経系と、その指名を伝える末梢神経系、実働器官である骨、関節、靭帯、筋の障害では高率にみられる。スポーツと関連した歩行障害の多くは整形外科的な疾患が原因だが、その他の分野では中枢・末梢神経と筋の病変による神経筋疾患が多い。整形外科的疾患による歩行障害については別に詳述されるので、ここでは神経疾患による歩行障害について述べる。スポーツ医学の観点から歩行障害を急性と慢性に分類して考えてみると、初期治療の目的からは急性歩行障害がより重要である。この小文では紙面の関係から、主に前者について述べ、慢性歩行障害については簡単に触れるにとどめる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。