発熱

21 5月

発熱は一般の医療において最もよくみられる病態の一つであるが、スポーツ医学の領域でも例外ではない。程度を別とすれば、発熱を経験したことのないスポーツマンはいないといえよう。その程度により微熱、中等熱、高熱とに分けて取り扱われる。発熱時の症状は、発熱の程度に応じた熱感のほか、しばしば全身の発汗を伴う。体温が急激に上昇したような場合は、悪寒を覚える。基礎疾患自体の症状を伴うことがあるのはいうまでもない。運動に伴って体温が上昇するが、これは生理的なものであるので、本稿では一応除外して病的なものを対象とする。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。