腹痛

21 5月

腹痛を起こす疾患は、きわめて多様であり、主な疾患だけでも詳述すれば十分一冊の本ができてしまう。しかも本誌の読者対象としては消化器病の専門医ではなく、むしろ消化器病以外を専門とされている先生方や、スポーツに関係されている医師以外の方々も含まれているので、通常の総説とは多少異なる内容を要求されているのと思われる。したがって本稿では腹痛を起こす疾患を綱羅的に記述するのではなく、最もありふれた疾患を中心に解説し、読者緒兄が日常利用しやすいものにしたい。腹痛を訴えている患者に接したとき、痛みの場所と発熱、下痢などの随伴症状の有無は最も容易に説明する。よって本稿では痛みの場所っ随伴症状を中心に記述を 進めたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。