頭痛・肩こり

21 5月

頭痛は日常にありふれた症状で、頭痛の強さ、部位、性状もさまざまで原因疾患も多様である。肩コリは方ではなく後頭部から後けい部の筋群の持続的収縮に伴う緊張感、こり感で、いわば肩コリである。元来の緊張性格、長時間の性的緊張、同一姿勢(特に坐位で上半身を垂直あるいは前傾姿勢)、片頭痛、MCH、混合性頭痛などの慢性頭痛、症候性頭痛の一部ではよくみられる。病的意義は少ないが、頚椎や後頭蓋窩の器質的疾患に伴ってみられることがあるので頑固に続くときや随伴症状があるときには脳神経外科、整形外科のある施設を受診させることが望ましい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。