黄疸

21 5月

黄疸のある人は運動をしてよいはずがない。というのが常識的な判断と思われる。そして黄疸疾者の治療法と予後は、その原因・発現機序により当然異なるが、共通した初期治療の原則は安静である。しかし黄疸がまだある急性肝炎疾患者への厳しい運動負荷がその予後になんら悪影響を与えない。と報告があるのも事実である。一般に肝臓は機能的に余力がきわめて大きく、かつ唯一再生可能な臓器である。健常肝の場合80%切除後も生存可能であり、十分な栄養補助があれば1?2ヶ月後には元の大きさに再生することが知られている。黄疸を伴う肝臓病疾患者の運動の可否判断の基準は、肝機能の余力の有無ということになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。