浮腫

28 5月

浮腫とは、組織間液が過剰に貯留した状態をいい、臨床的には眼臉、手指、前脛骨部、足首、足背部などの腫脹として認められ、高度になると全身の皮下、体腔にも認められる。自覚的には眼臉、手指の腫れぼったい感じ、靴がきつい、靴下の跡がつく、全身の重たい感じなどで気付くことが多く、他覚的には体重の増加、指圧痕として認められる。浮腫は全身性浮腫と局所性浮腫とに分けられ、その原因には、全身性因子と局所性因子が関与する。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。