血尿・蛋白尿

28 5月

健常者が運動によって血尿・蛋白尿を呈した場合、まず、それが病的意義のあるものかどうかの検討と、原因・病態の正確な把握が必要になる。また血尿・蛋白尿は腎疾患・尿路系疾患の重要な臨床微候であるため、必要以上に安静、運動の仰制を強いる可能性があるので医師の適切な管理が求められる。スポーツで認められる血尿・蛋白尿の判断と初期治療について述べる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。