アルツハイマー型認知症

29 5月

脳の中の記憶や思考力、判断力をになう部位が病気に冒され、それによって記憶障害などが怒るものをアルツハイマー型認知症といいます。アルツハイマー型認知症の人の脳は著しく萎縮しており、深刻原線維変化と脳のしみが多数できているのが特徴です。大脳皮質の溝が開き代謝が低下、また記憶と関係の深い海馬や大脳皮質でも、ニューロンの脱落が起こるため、記憶障害と見当識障害(場所や時間、家族の顔が思い出せないなど)が起こります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。