脊髄の長さ

29 5月

脊髄は、背骨の脊柱管の中に収まっています。脊髄の長さは、脊柱管よりも短く、腰椎の一つ目あたりで終わっています。脊髄の末端からは、腰神経や仙骨神経、尾骨神経などが、下に向かって走っており、これを馬尾といいます。脊柱管の中に針を刺して、麻酔をしたり、脊髄液を取ったりするときには、脊髄を傷つけないように、腰椎を使います。脊髄が傷つくと、それより下のからだには、脳の指令が届かなくなり、麻痺してしまうからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。