骨粗鬆症

29 5月

骨を作る量よりも骨を壊す量の方が多くなることで、骨からカルシウムなどが徐々に減り、骨がスカスカになって、骨が弱くなる病気です。骨塩量(骨量ともよばれています)は、だいたい20?30歳代をピークに年齢とともに減ってきます。予防に効果的なのは、成長期にカルシウムを体内に溜め込むことです。また高齢期になってからも、積極的な摂取により一定の予防効果が期待されます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。