色々な症状(鞭打ちなど)

13 11月

・鞭打ち(神経根型)


主なテストにはスパーリング(Spurling)テスト,ジャクソン(Jackson)テストなどがあります。接骨院ではこれらのテストを行います。



・扁平足


原因として、先天性、外傷性、炎症性、麻痺性、静力学性などに分けられるが、大部分が静力学性扁平足である。



・変形性股関節症


先天性股関節亜脱臼、先天性股関節脱臼治療後の骨頭変形、頚体角異常、外傷、炎症、代謝性疾患、ペルテス病、突発性大腿骨頭壊死、多発性骨端骨化障害などを二次性変形性股関節症と呼ぶ!



・頚部外傷その後遺症


鞭打ち損傷(頚椎捻挫)など、骨傷を伴わないものがたくさんある。



・頚椎捻挫


いわゆる「むち打ち損傷」を頚椎捻挫と呼びます。



・ヘバーデン結節


更年期をすぎた女性に多発する手指の肥大、変形を生ずる変形性関節症である。
指先の背側が隆起突出する。



・頚椎捻挫型


頚椎捻挫型のむちうち損傷で約80%を占める。
寝違えの症状に似ている。



・エストロゲン


骨粗鬆症は中高年になってからの症状が目立ちますが、予防に効果的なのは、成長期に体内に溜め込む事です。



・骨粗鬆症


骨を作る量よりも骨を壊す量のほうが多くなる事で、骨からカルシウムなどが徐々に減り、骨がスカスカになって、骨が弱くなる病気です。



・神経障害


片麻痺型(脳梗塞、脳出血などで見られる。左右どちらかの半身麻痺がある。左脳が障害されると、右側がしびれたりす。)脊髄レベル型(脊髄神経を横断するような、傷や腫瘍によって生じる腰から下の麻痺)ソックス・手袋型(糖尿病や薬物中毒などによって生じる末梢神経障害。手と足がしびれる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。