Archive | 6月, 2010

ひき逃げされたら泣き寝入り?

27 6月

そんなことはありません。
ご安心ください。


政府の保障事業がありますので
手続きをすることにより


被害者の方が受けた損害を
政府がてん補してくれます。



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業って?

27 6月

自動車事故の被害者を救済する目的として自賠法が制定され、
自動車の保有者には自賠責保険の加入が義務付けられました。


しかし、下記の場合、保険での救済ができなくなります。


・ひき逃げされた場合
・無保険車(自賠責保険の契約がない自動車)
・盗難車による人身事故


このような場合、加害者側から賠償を受けられない被害者の方には、
法律によって政府が保障することになっています。



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業の適用は?

27 6月

1.自動車にひき逃げされた為、車の保有者が明らかでない場合


2.自賠責保険を付けなければならない義務があるにもかかわらず、
  付けていない自動車による事故


3.自賠責保険の保険期間が経過してしまっているか、
  あるいはまだ保険期間が始まっていない自動車による事故


4.泥棒運転などで、保有者が全く責任を負わない場合



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業の請求手続きは?

27 6月

保障請求するには次の書類の取り付け及び作成が必要


1.損害の填補請求書


2.請求者の印鑑証明


3.交通事故証明書など


4.事故発生状況報告書


5.診断書


6.診療報酬明細書


7.健康保険、労災保険などから保険の給付を受けている場合は、その給付証明書など


8.休業損害証明書など


9.その他損害を証明するもの



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業の請求にあたっての注意点は?

27 6月

政府の保障事業は、国(国土交通省)が加害者にかわって
被害者の方が受けた損害をてん補する制度です。


下記の点が自賠責保険と異なります。


・請求できるのは被害者の方のみです。
 加害者からは請求できません。


・被害者の方に支払った金額については、
 政府が加害者に求償します。


・被害者の方にも過失があれば、
 過失割合に応じて損害額から差し引かれます。


・健康保険・労災保険などの社会保険による給付があれば、
 その金額は差し引いて支払われます。


社会保険が使用できるのに使用しなかった場合でも、
社会保険の給付があったものとして金額が差し引かれますので注意が要ります。



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業の保障金請求権の時効は?

27 6月

保障事業に対する請求権は、原則として
事故発生日(後遺障害は症状固定日)より2年で時効になります。



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<

ひき逃げの政府保障事業の請求窓口は?

27 6月

政府の保障事業への請求は損害保険会社で受け付けています。
詳しくは、各損害保険会社にたずねてください。



>>くわしくはコチラをクリックしてください<<