交通事故に遭ってしまったら・・・?

11 7月

交通事故でケガをする人の数は毎年120万人いるそうです!!


交通事故にあわれてお悩みの方、今すぐご相談下さい。(ご相談は無料です!!)
TEL03-3880-7775(予約は簡単。ブログを見たでOKです!!)


もしくは

WEB予約はこちらをクリック


ひき逃げをされてお困りの方はこちらをクリック


 


①まずは加害者の確定をして下さい。


加害者の免許証を見せてもらって、住所・氏名を確認して下さい。
加害車両のナンバープレートをメモして下さい。



②事故現場の保全をして下さい。


交通事故直後の現場の状況を写真に撮って、
事故当日の行動から事故直後までの
あなたの記憶を文書にしてメモをしておいて下さい。



③警察への届出をして下さい。


小さな事故でも必ず警察に連絡をして下さい。
その時は症状が出なくても、2、3日してから痛みが出ることもあります。


また、保険金の請求手続きには、『交通事故証明書』が必要となります。
シッカリと事故を警察に届けて、『交通事故証明書』を申請して下さい。



④専門家の治療を受ける事をおススメします。


不意に発生した交通事故は、衝撃に対する防御反応が無いままに
お身体に衝撃を受けることになる為、複雑で重い症状となってしまい、
なかなか改善しにくいのが現状です。


事故に遭ったら病院や接骨院の治療を受ける事をおススメします。


また、診断書を発行してもらい、所轄の警察に提出することも必要となります。
診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり、
自賠責保険での治療費の請求が可能となります。



⑤自分の保険会社への事故報告をして下さい。


自分の加入している自動車保険会社や代理店に
交通事故にあってしまった事を連絡して下さい。



⑥被害者の保険会社から連絡がきたら


保険会社の担当者に高林はりきゅう接骨院に通院する事をお伝え下さい。


事故現場から救急車で運ばれた病院以外に
通院が出来ないと思い込んでる方がいますが
あくまで通院場所は患者さんが決める事が出来ます。


 


交通事故にあわれてお悩みの方、今すぐご相談下さい。(ご相談は無料です!!)
TEL03-3880-7775(予約は簡単。ブログを見たでOKです!!)


もしくは


WEB予約はこちらをクリック


ひき逃げをされてお困りの方はこちらをクリック

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。